ページ内を移動するためのリンクです

バイオマス発電設備

  • ボイラ・タービン・発電機一括のバイオマス発電設備を提供します。
  • バイオマス燃料の受入設備、定量供給設備、燃焼・ボイラ設備、灰処理設備、排煙処理設備、タービン発電設備他の計画設計、製作手配、工事発注、試運転を対応します。

バイオマス焚流動層ボイラの特徴

流動層ボイラー組立図
流動層ボイラー組立図
  1. 層中管の設置 流動媒体と伝熱管の電熱効率が大きいことを活用し、流動層内に一部伝熱管を設置し、火炉のコンパクト化を図っている。
  2. 最適空気配分 2次空気供給(2段燃焼システム)を採用し、1次空気とのバランスを適正化することで、燃焼ガスの完全燃焼化を図っている。
  3. タービン発電機の最適設計 タービン発電機とボイラ設備のトータル効率(発電効率)を最適化することにより、発電効率25%以上を確保できる設備設計としている。

バイオマス発電設備プラント構成例

バイオマス発電設備プラント構成例

バイオマス発電設備の主な諸元

発電クラス (送電端) 2MWクラス 7MWクラス 20MWクラス
ボイラ型式 気泡型流動床 (BFB)
ボイラ主仕様 蒸気量 9.5t/h 28.1t/h 95t/h
蒸気圧力 6.0MPaG 6.1MPaG 12MPaG
蒸気温度 478℃ 478℃ 505℃
ボイラ略寸法 (鉄骨スパン) 幅 (W) 6m 13m 16m
奥行 (D) 11m 14m 29m
高さ (H) FL+12m FL+19m FL+33m
燃料 バイオマス一般、PKS、石炭、廃タイヤ等
燃料投入方法 ロータリーバルブ+燃料シュート
起動方式 (燃料) 起動層上バーナ (適用燃料:油/ガス)